埼玉県指定  史跡  野火止用水    
                昭和19年3月31日指定

  武蔵野のうちでも、野火止大地は特に高燥な土地で、
 自然の水利には恵まれませんでした。
 川越城主、松平伊豆守信綱は、私領であるこの地方を開発する為、
 江戸の上水道である玉川浄水を完成した功績により、
 玉川浄水から、3割の分水許可を得て、
 明歴元年(1655)野火止用水を開削しました。

  工事は、家臣の安松金右衛門に命じて行われ、
 当初、東京都下の小平市小川町から志木市の新河岸川までの
 約25キロメートルについて開削しましたが、
 のちに新河岸川に、いろは四十八の樋をかけて、
 志木市宗岡の水田地帯をうるおすようになありました。
 また、寛文3年(1663)、岩槻の平林寺をの野火止に移すと、
 ここにも用水堀を開削して引水しました。

  幹線水路は、本流を含めて四流あり、末端は樹枝状に分かれています。
 支流は、通称『菅沢・北野堀』『平林寺堀』『陣屋堀』と呼ばれています。

  用水敷は、おおむね四間(7.2メートル)あり、
 水路敷二間を中にして、その両側に一間ずつの土あげ敷きをもっていました。
 
  水路は、地形的に高いところを選んで堀りつながれ、
 敷地内に引水したり、畑地への灌漑および沿線の乾燥化防止に果たした役割は
 きわめて大きいものでした。
 
  野火止用水の流れは、昭和37・8年頃までは、
 付近の人達の生活用水として利用されていましたが、
 急激な都市化の影響により、水はしだいに汚濁し、流れに泳ぐ魚や、
 用水で遊ぶ子供達の姿を見ることが出来なくなってしまいました。

  そこで、昭和49年度から、
 東京都と埼玉県・新座市で、復原・清流復活の事業に着手し、
 本流と平林寺堀の1部を復原しました。

               昭和58年3月31日
               埼玉県教育委員会
               新座市教育委員会


 | もどる |