日本のジャズヴォーカルに思うこと   山木行雄


世界中の人々は外国語の歌を聴いて言葉の意味がわからなくても感動します。それはリズムやメロディーの魅力、また聞いている場所の雰囲気、他人には見えない自身の思い入れなどが入り混じり感動を受けることもあるでしょう。

もちろん私自身も同じような思いの中で感動する曲が多くあります。

たとえば私の好きな音楽の中にジャズがあります。もちろんジャズヴォーカルも好きです。

ジャズヴォーカルはほとんどの場合英語で唄われます。

英語の理解力が稚拙な私でも感動する曲はいっぱいありますが、そんな時に英語の歌詞が理解できたら感動が何倍にもなるのではないかといつも思います。

しかしながらそのための努力はほとんどしていないのが現実です。

 私は以前アマチュアジャズバンドでサックスを演奏し楽しんでいたことがあります。

サックスはメロディー楽器なので歌詞がわからなくても演奏は出来ますがスタンダードといわれる歌曲の詞を理解できていたら演奏表現の幅が広がるのではないかと思います。

 以前はライブハウスへは良く出かけていたのですが、最近はもっぱら聴く側に回ってしまっています。そんな昨今は知り合いのジャズヴォーカリスト(すべて日本人)からの案内を受けてライブハウスに足を運ぶことがあります。そのステージのスタイルといえば日本語で曲の内容を簡単に説明してそれから英語で唄い始めるというパターンが定番でしょう。

小さいころテレビで身振り手振りを交え、英語で歌っている歌手を見てこの人たちは英語がペラペラなんだろうなと思っていました。しかし大人になって実際はそうでなくても歌えることがわかりました。それは決して嫌味ではなく現実です。日本では他の大衆音楽に比べればはるかにジャズヴォーカルの受け入れ人口は少なく、大多数のジャズヴォーカルファンは歌詞の意味よりその西洋的な雰囲気の魅力に惹かれるのではないかと思います。

間違いなく私自身もそのうちの一人です。

しかしながらそのような現実は現実として、聴き手に英語の理解力がなくても歌い手がしっかりとした歌唱力を持って尚且つ歌詞の内容を理解して唄うなら更なる感動をわれわれに与えてくれるのではないかと大いに期待しています。

 


ジャズ・ヴォーカルへの意見 INDEXへ