[ホーム][検索] 他の掲示板:
[マルチレス] [標題一覧] [ツリー]

お名前:
メール:
URL:
タイトル:
コメント:
削除パスワード: 半角英数4文字以上

「お鏡」観てます No.[48] [返信]
投稿者:おきょう 投稿時間:2009/03/21 [土曜日] 03:16:43
 はじめておじゃま致します。
 京都市在住の女性です。
 ネットで鹿内様を検索して、こちらにたどりつきました。というのも
、数週間前より大阪テレビでドラマアンコールとして「お鏡」の放送が
はじまり、たまたま見始めたのですが、ドラマのおもしろさ、何よりも
鹿内様演じる「杉野」のかっこよさに魅了され、この杉野を演じている
鹿内様をもっと知りたい!と強く思ったからです。
 ストーリーの面白さもあるでしょうが、出演されている役者さん方の
演技の巧さ、素晴らしさに大変感じいっています。登場人物一人一人の
個性がハッキリしていて、心の機微が丁寧に演じられていて、リアルで
、ドラマの世界にどんどん引き込まれていってます。
 なかでも鹿内様演じる杉野にゾッコンはまっています。低く渋い声で
話される歯切れの良い東京弁(江戸弁というのでしょうか?)、いなせ
な着物姿(着流しというのでしょうか?)、メリハリのある粋な立ち居
振る舞い、お鏡に対する不器用だけれども深い愛情、それと男としての
生き方の筋の通し方に深く悩む様・・・。観ていてゾクゾクするほど色
気があってかっこよくて、もう今は杉野に骨抜きにされた状態で、今後
のドラマの行方に目が離せません。(どうやら杉野にはハッピーエンド
は待っていないことは予想されるのですが、少しでも長くドラマに出て
欲しい、という気持ちでいっぱいです。)
 そんな魅力的な杉野を演じる鹿内様とはどんな方だろうか、やはり杉
野のようなアウトローやヤクザ風の者を演じることの多い俳優さんかと
思ってこちらのサイトを訪問したら、なんと、俳優にとどまらず、歌手
や、それもジャズやミュージカルなど、ヤクザ風とはかけ離れた世界で
幅広く活動をされている方と知り、本当にビックリしました。それと同
時に、「お鏡」での鹿内様は「杉野」そのものであるのに、それはやは
り演技力のたまものであることがわかり(プロの俳優さんなんだから当
たり前のことかもしれませんが、何を演じてもそのタレント自身にしか
見えない下手なタレントがドラマで幅をきかせている昨今ですのでこう
思うのです)、プロフェッショナルの俳優さんのすごさを感じています
。
 長々と書いてしまいましたが、これからの「お鏡」を楽しみに観てい
くと同時に、すばらしい俳優でいらっしゃる鹿内様にこれから注目させ
て頂き、少しずつ鹿内様の世界を知って行きたいと思っています。
 これからもご活躍お祈り申し上げます。
 
 



京都の,おきょうさま No.[49] [返信]
投稿者:管理人 鹿 投稿時間:2009/03/22 [日曜日] 20:20:39
はじめまして!管理人です。
それにしても、大変なおほめのコメントありがとうございます。
役者は、演じる人物になりきろうと努力はしますが、
なかなかうまくいきません。
「杉野」の役は、それまで何度かお世話になっていた高橋繁男監督が、
「鹿内にぴったりの役があるんだ」と、私に言っていたもので、
その一年ほど後に、突然頂いた役が「杉野」だったのです。
おっしゃるような、流行りの役者だから使う、といったことはまるでし
ない、
頑固な演出家で、一番に尊敬していた監督でした。

脚本の高岡尚平さんも古風な素晴らしい方で、
後に、私を名指しで書いて頂いた、『許されぬ唄』と言うシリーズがあ
ります。
妻をささえる、元わけありの、鮨屋の板前の役でした。

特に,『お鏡』では、
お相手の市原悦子さんと言うすばらしい役者さんに触発されたこともあ
りますが、
脚本家、演出家に恵まれる事も、いい演技ができる要因だと思います。
お二人の先生方は、だいぶ前に、天に召されてしまい、
とても残念に思います。

Re:お返事ありがとうございます! No.[50] [返信]
投稿者:おきょう 投稿時間:2009/03/24 [火曜日] 01:03:29
お返事どうもありがとうございます!
京都のおきょうです。
鹿内様から直接お返事が頂けるなんて、大感激です! 

『お鏡』は、脚本、監督、俳優と全てが高いレベルで揃ったからこそ生
まれた作品だったのですね。
一視聴者としては、偶然にもこんな質の高いドラマに出会えて、本当に
幸せです。久しぶりにめぐりあった大人のテレビドラマです。
また、「杉野」は鹿内様にぴったりということで監督から頂かれた役と
のこと、ということは、杉野の魅力は、やはり鹿内様ならではの魅力な
のですね!そんな鹿内様からお返事頂けて、本当に夢のようです。

鹿内様を名指しで脚本が書かれたという『許されぬ唄』も是非みてみた
いです。「妻をささえる、元わけありの、鮨屋の板前」という言葉だけ
で、すごいイメージが広がってしまいます(特に「わけあり」という部
分に杉野に共通するような匂いを感じます)。再放送がされればよいの
ですが。

とりあえずは、『お鏡』が佳境にはいってきましたので、杉野から返事
もらった〜!?みたいな不思議な気分も味わいながら、最後までテレビ
にかぶりついて堪能したいと思います。
ありがとうございました!







「俺は最低な奴さ」 No.[44] [返信]
投稿者:きり 投稿時間:2009/03/17 [火曜日] 12:49:11
はじめまして。

先日、渋谷で内田裕也さんと沢田研二さんのライブがありました。
その時に「俺は最低な奴さ」という大変に印象的な歌を二人がデュエッ
トし、
初めて聴いたのですが耳から離れなくなりました。ネットで調べたとこ
ろ、
鹿内孝さんの曲だと知り、こちらに寄らせていただきました。
「本牧メルヘン」も歌われてるんですね!
mp3聴かせていただきました。かっこいいです!
鹿内さんバージョンの「俺は最低な奴さ」も聴いてみたいです。

Reきり さんへ No.[45] [返信]
投稿者:管理人 鹿 投稿時間:2009/03/17 [火曜日] 14:26:30
昔から、内田裕也さんのお気に入りのようです。
彼の影響で、何人かのロッカーに音源をさし上げました。

裕也さんの演奏はどんな風かわかりませんが、
広島の原爆被爆者の若者を扱ったドラマで使われた曲で、
ある種のプロテストソングの為、
私のバージョンは、モダンジャズです。
(「死刑台のエレベーター」とか、当時の映画音楽は、
モダンジャズばやりだった)
その為、昨年の終戦記念日に一度UPしたのですが、
折角ですので、
リクエストにお答えして、2,3日UPしておきます。
B面は、当時、放送禁止処分を受けました。
また、感想などお聞かせください。

A,B面とも、
48年前の、2チャンネル、劇場に於いての同時録音盤です。
針の音がうるさいですが、ご勘弁を!

ありがとうございました! No.[46] [返信]
投稿者:きり 投稿時間:2009/03/17 [火曜日] 18:40:59
鹿さま

こんばんは。図々しいリクエストにこんなに早く答えていただけて観劇
しております!今聴かせていただいて興奮してます!かっこいい!2曲と
も倒れそうに
素晴らしいです!ライブでは歌詞がハッキリとはわからなかったのです
が、今回
アップしていただいたおかげで全部わかりました。裕也さんとジュリー
さんの
バージョンでもジャズ風のアレンジでした。

>広島の原爆被爆者の若者を扱ったドラマで使われた曲で、
>ある種のプロテストソングの為、

そうなんですか、この曲にはそういう背景があったんですね。
その事をふまえてから聴くと歌詞がいっそう、心にしみます。
B面も放送禁止処分だなんてもったいない!

裕也さんとジュリーのライブにいったおかげで鹿内さんの名曲を
知る事ができ、なおかつ貴重な音源まで聴かせていただけたこと、
たいへんありがたく思います。本当にどうもありがとうございました。
また寄らせていただきますね。



失礼しました No.[47] [返信]
投稿者:きり 投稿時間:2009/03/17 [火曜日] 18:43:37
「観劇しております」じゃなくて「感激しております」です!あわてて
書いたので
間違えました。すみません。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [トピック総件数:102件]
削除パスワード: