[返信する記事] 削除パスワード:
京都の,おきょうさま No.[49]
投稿者:管理人 鹿 投稿時間:2009/03/22 [日曜日] 20:20:39
はじめまして!管理人です。
それにしても、大変なおほめのコメントありがとうございます。
役者は、演じる人物になりきろうと努力はしますが、
なかなかうまくいきません。
「杉野」の役は、それまで何度かお世話になっていた高橋繁男監督が、
「鹿内にぴったりの役があるんだ」と、私に言っていたもので、
その一年ほど後に、突然頂いた役が「杉野」だったのです。
おっしゃるような、流行りの役者だから使う、といったことはまるでし
ない、
頑固な演出家で、一番に尊敬していた監督でした。

脚本の高岡尚平さんも古風な素晴らしい方で、
後に、私を名指しで書いて頂いた、『許されぬ唄』と言うシリーズがあ
ります。
妻をささえる、元わけありの、鮨屋の板前の役でした。

特に,『お鏡』では、
お相手の市原悦子さんと言うすばらしい役者さんに触発されたこともあ
りますが、
脚本家、演出家に恵まれる事も、いい演技ができる要因だと思います。
お二人の先生方は、だいぶ前に、天に召されてしまい、
とても残念に思います。



お名前:
メール:
URL:
タイトル:
コメント:
削除パスワード:半角英数4文字以上