平成15年 「おにぎり(ARCADIA物語) 」8月再開の撮影から!

ARCADIAの撮影が一年ぶりに再開され、
映画のタイトルも、“おにぎり”(ARCADI物語)、になりました。
私は、8月4日〜7日の第4次の撮影に参加。
4,5,6の3日間は梅雨明けにもかかわらず、曇りや雨模様
撮りきれないシーンも出てしまいました。
雨さえ降らなければ良かった7日は、ド晴れ!
お天気ばかりは、どうにもなりませんからね。



今回も私がお世話になったのは、上杉家赤湯御殿を守って
三百七十年と言う、上杉の御湯 御殿守

新たに参加された、特定郵便局長、山谷役の長門裕之さん
浅茅陽子さんと談笑中。新聞を読んでいるのは永島敏行さん

映画のタイトルが変更され、ロケ隊歓迎の
真新しい横断幕もこの様に書き換えられた


梅雨明けが8月にずれ込み、日照時間が少なく、田んぼが
乾かず根が深くはれず、あまり成長していない。少々心配。


日照り続きで田に水が欲しい時に途中の水路を止められ
開けに行くのだが。この写真、日照りに見えます?


そばにいた、ヤゴも寒そうで脱皮できず。
トンボも受難の年かな?

水路を開けたら、上に住む和子さんにまた閉められた!

バケツを持って、みんなで、潜り滝[くぐりたき]へ、水くみに!

南陽市、指定景勝地、潜り滝について


潜り滝の手前に登山道などで見かけるお社?先生がお賽銭を


正面が、潜り滝、岩が丸くえぐられた所から流れ落ちてくる。
吉野川の源流だそうだ。

滝から持ってきた水を田んぼに入れようとしているシーン。
稲が成長不足で黄色っぽく、まだら模様、今年は心配だ。

昼間、壁の隙間を暗幕やビニール・シートを貼り付けて
夜の室内として撮影するための準備をしています。

入り口を暗幕で覆い、外から入ってくる人を室内から撮影すると
夜撮影したように見えます。 振り向いているのは斎藤耕一監督。

お天気が悪いせいもあってか?ギャラリーもまばら!

農閑期、マダムと美しい阿久津神社へ散策。三重の塔の前で

二人ともおめかしして、デートみたい?

美人のマダムをご覧下さい。今日の出で立ちはご自前だそうです

安達徳太郎(96才)さんの作ったカッパを着てポーズ!今日は、
寝たきりだった、おじいちゃんが元気な顔を見せてくれました。

お口直しならぬ、お目直しに安達家の庭に咲いていた、可愛い
お花をどうぞ!ダリアだろ〜、ダリアだろ〜、ダリア一輪だろ〜

おにぎり(ARCADIA物語)のトップへもどる